2017年08月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

営業日

2017年09月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

営業日

千葉コーヒー豆通販・豆問屋|エトナコーヒー coffeeリスト

焙り方法

コーヒーの生豆は、どれも実際に味わって買い付けたものばかり。その良質の生豆をローストする前に一つの大事な作業があります。それは「生豆のツヤを出しキレイにすること」これが生豆のクリーニングです。 当店ではすべての生豆をクリーニングしています。クリーナーにかけられた生豆は、ホコリ・微紛・雑味がとれ、焙り上がるとシワもとれ良い香りとなり、飲むとノドごし・舌触り・あと味の良いコーヒーになるのです。当店の愛情の込もった生豆を、是非一度味わってみてください。

アイスA1と直火珈琲以外は、全て生豆時の計量となっております。焙り上がり後は、焙り方により1割前後軽くなります。

全商品の生豆を販売しております。生豆は表示価格の2割引で計算します。
ショッピングカート上では通常の価格で表示されますが、後に当店からお送りします確認メールにてご確認下さい。ご注文の際は、備考欄に「生豆」と記入して下さい。

以下でご紹介する豆の中には、焙り方法により大きく味が変化する豆もあります。
ご注文の際は、下記のアイコンをご参考にしてください。

表示アイコンについて

:指定ロースト    :表示アイコン以上の強いロースト

ミディアムロースト 標準的な焙りで酸味・苦味のバランスが良く、ソフトでまろやかな口当たり。
ミディアムハイロースト 標準的よりほんの少し強焙りで、僅かな苦味とコクが感じられます。ミディアムローストより少し濃さが増します。
ハイロースト 少し強めの焙りで苦味とコクが少し感じられ、酸味が消えてきます。

ワンポイントアドバイス
アメリカンタイプの味がお好みの方は、ハイローストの豆を通常より2~3割減のコーヒーの粉で入れると、クセのないスッキリとした味わいになります。
是非一度お試しください。
シティロースト 強めの焙りで豆の色も僅かに黒色に近づいて苦味が増してきます。そして酸味がなくなります。

※エスプレッソや水出しコーヒーに適しています。
フルシティロースト より強めの焙りで黒色に近づいて、香味が強く充分な苦味とコクがあります。

※カフェラテ・カプチーノ・エスプレッソコーヒーに適しています。
フレンチロースト 焙りで苦味が充分にあり、豆の表面には脂肪がにじんでいます。

※アイスコーヒー・カフェオーレに適しています。
イタリアンロースト 最強の焙りで炭になるギリギリまで焙り上げ、強い苦味があります。

※カプチーノ・エスプレッソコーヒー・カフェオーレに適しています。

ページトップへ戻る